渋谷の女子高生、ワキを自己処理する際のケア方法は?


q
私は渋谷の女子高生です。

流行最先端の地域に住んでいるうえに、まだ高校生という、おしゃれも心から楽しみたい年代です。

だから、ワキ毛もスッキリ処理して、ノースリーブの洋服も着たいんです!

でも、ワキを剃るとすぐにチクチク生えてきてしまうし、抜くと埋没毛ができてしまいます。

肌が乾燥してガサガサになったりもします。

せっかく処理して毛が無くなるのだったら、肌までキレイに仕上げたいのですが・・・
ワキ毛を処理する際の、正しいケア方法を教えてくれませんか?

面倒でもよいので、できるだけ肌を傷めずにケアできる方法をお願いいたします。



a

ムダ毛の自己処理は、基本的にはどの方法でも、肌にそれなりのダメージを与えてしまいます。

ですが高校生という年代だと、まだ脱毛サロンに行くのも難しいことが多いですね。

では、どのように肌のケアをすればよいのか、ということですが、まず、毛抜きでの処理はやめてください。

これはもっとも肌ダメージが大きく、後々悪影響が出てくる可能性大です。

剃る場合には、切れ味の良いカミソリを使い、最初に蒸しタオルなどをワキに当てて毛穴を開いてから、シェービング用のジェルをつけて剃ります。

石鹸だと乾燥しやすくなるので、専用ジェルやフォームを使いましょう。

それから、処理後にはたっぷりのローションと乳液の重ね付けで保湿すれば完璧です!
肌ダメージが少なく、キレイに処理できますよ!


 

muse_banner01 muse_banner02
muse_banner03

 

muse_lp01 muse_lp02 muse_banner02

 

muse_lp03 muse_lp05 muse_lp04  
muse_banner02

 

kenon_dounyu  
kenon_banner01 muse_banner02
muse_banner03

 
 

このページの先頭へ